パチンコオンラインゲーム

ニュース

2023年12月18日 | お知らせ 医用機器製造子会社である島根島津の新棟開所式を開催
塗装工程・溶接工程を自動化して製造DXを実践

島津製作所の医用機器製造子会社である島根島津株式会社(住所:島根県出雲市斐川町直江2698番地)は、12月18日に新棟の開所式を開催しました。新棟では、医用機器部品の塗装工程の自動化を含む製造DXを進めました。自動化に伴い、島根島津の塗装生産能力は従来比1.5倍となります。

島根島津は、島津製作所の医用機器事業部が開発するX線撮影装置の製造子会社です。1997年の会社設立以来、機械加工、板金、溶接、塗装、組立を一貫生産で行っています。同社は、生産性の向上、品質の均一化、職場環境の改善といった課題に継続的に取り組んできました。このたび開所した新棟では、一般撮影システムやX線TVシステム、回診用X線撮影装置などに必要な多数の部品を、1つの生産ラインで塗装します。塗装工程間の部品移動の完全自動化と自動塗装機の導入に加えて、無線自動識別(RFID)タグを用いて部品ごとに異なる作業指示や、AIを用いて間違いの自動検出を可能にしました。更に塗料のリサイクルシステムを導入し塗料の無駄な廃棄を無くしました。また、溶接工程にはロボットを導入して、品質の均一化、生産性向上、作業負担の軽減を実現しました。

今後は、塗装工程にAIによる品質検査を導入するとともに、一部残っている人手による塗装のロボット化を行い、部品製造の完全自動化を目指します。島津製作所と島根島津は、工場のDX化による生産性向上に合わせ、社員の健康と安全につながる働きやすい職場環境整備と環境負荷低減を進め、世界中の医療機関に高品質な製品を届けるよう努めてまいります。

写真:完成した新棟

写真:完成した新棟

新棟の概要

面積 1500m2
竣工 2023年1月
投資総額 9.7億円(建物・設備含む)