パチンコオンラインゲーム

ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2023年12月25日 | プレスリリース シンガポールのチャンギ総合病院とShimadzu(Asia Pacific)の共同研究ラボでの血液検査プロジェクト
検査結果の迅速な提供と治療効果の向上に貢献

シンガポールのチャンギ総合病院 (CGH) と島津製作所のアジア統括会社Shimadzu(Asia Pacific)Pte.Ltd(以下SAP)が開設した共同研究ラボ「Shimadzu-CGH Clinomics Centre」(以下SC3)は、2023年2月から血液検査による高血圧症の診断支援事業を同国で開始しました。

CGHとSAPは2021年1月のSC3開設以来 、液体クロマトグラフ質量分析計 (LC-MS/MS)による臨床検査技術の開発と妥当性評価に取り組み、治療可能な高血圧症の一種である原発性アルドステロン症の患者を特定する検査手法を開発して、CGHがシンガポール保健省より臨床サービスライセンスを取得しました。これは当社製のLC-MS/MSを利用して、アルドステロンとレニンというホルモンを正確に測定するというものです。これまでに1000人以上に検査を実施してきました。

シンガポールの国民健康調査によると、2022年時点の同国の成人の3人に1人が高血圧に罹患しており、高血圧の地域有病率は過去十年間でほぼ倍増しています。高血圧は心疾患と脳卒中の主な原因です。従来は検体を米国など海外の検査センターに送って検査しており、結果判明まで数週間を要することもありました。SC3の検査事業によってその期間を3~5日へと短縮できました。SC3は今後も独自の質量分析ソリューションを開発して、アジア太平洋地域の基準となる研究所として、慢性疾患に対する様々な臨床診断や臨床アプリケーションを提供していきます。

 

関連リンク

2021/1/28 プレスリリース
チャンギ総合病院とShimadzu(Asia Pacific)が質量分析計による臨床検査と個別化治療のための共同研究ラボを開設