パチンコオンラインゲーム

ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2023年12月21日 | プレスリリース 脂質や天然物の詳細構造を推定、ヘルスケア・ライフサイエンスの発展に貢献
世界初の化学構造解析を実現する「OAD-TOFシステム」を発売

世界初のイオン解離技術を搭載する四重極飛行時間型質量分析計「OAD-TOFシステム」

世界初のイオン解離技術を搭載する四重極飛行時間型質量分析計「OAD-TOFシステム」

島津製作所は、12月21日に世界で初めて脂質や天然化合物の詳細な構造解析を実現するを発売します。独自のイオン解離技術「OAD」(Oxygen Attachment Dissociation、酸素付着解離)が、従来は困難だった炭素間二重結合の位置推定を可能とします。OADは当社エグゼクティブ・リサーチ フェローの田中耕一が所長を務める田中耕一記念質量分析研究所にて開発されました。

化合物の評価や探索において、炭素同士が強く結び付く箇所(炭素間二重結合)は化合物の特性を決定する重要な因子です。例えば、脂質は動脈硬化リスクの低減が期待されるオメガ3など多数存在しますが、脂質の機能は炭素間二重結合の有無やその位置などによって異なります。医薬・食品分野の研究開発では炭素間結合位置を含む構造解明が必要ですが、従来手法では困難でした。

「OAD」は原子状の酸素*をイオン化した試料と反応させることで、炭素間の二重結合を特異的に解きます(解離)。解離によって生まれたイオン片から、炭素間二重結合位置の情報が得られます。四重極飛行時間型質量分析計(Q-TOF型MS)は、原子・分子レベルに分けた試料の大きさや量を測定することで、精密な化合物情報を得られます。両者を組み合わせることで、脂質や天然物などあらゆる化合物の構造解明につながります。当社は今後も製品の提供を通じ、ヘルスケアやライフサイエンス分野の研究の発展に貢献してまいります。

  • *酸素ラジカル。電気的に中性である特徴を持つ。試料分子に付着し二重結合位置を特異的に解離させる。

新製品の特長

1. 世界初の技術で革新的な構造解析を実現する「OAD RADICAL SOURCEⅠ」

OAD技術を実現するオプションキット「OAD RADICAL SOURCEⅠ」は、炭素間の二重結合を特異的に酸化・解離することで化合物の構造を迅速かつ簡便に推定します。複雑な前処理を必要とせず、医薬品や食品、環境水など多様な試料の測定に対応します。世界最高レベルの質量精度を有する「LCMS-9050」との組み合わせで詳細な構造情報が得られます。

OAD技術を実現するオプションキット「OAD RADICAL SOURCE I」

OAD技術を実現するオプションキット「OAD RADICAL SOURCE I」

2. 2つのイオン解離手法を簡便・迅速に切り替え

「OAD-TOFシステム」は、従来のイオン解離法である「衝突誘起解離法」(CID)とOADをソフトウェアから切り替え可能です。2つのイオン解離法を試料や目的によって使い分けられます。多くの構造情報を得られることで、脂質や天然物を始めとした化合物の構造解析に新たな発見をもたらします。

3. 豊富なオプションとの組み合わせで様々なニーズに対応

本製品は探針エレクトロスプレーイオン化キット「DPiMS QT」を取り付けることで、微量なサンプルも簡便に素早く測定できます。超臨界流体クロマトグラフ「Nexera UC」と接続することで類似した構造が多い脂質の分離・網羅的な解析に対応します。既に「LCMS-9050」をお持ちの方は「OAD RADICAL SOURCEⅠ」の追加で「OAD-TOFシステム」へモデルチェンジが可能です。

写真左:探針エレクトロスプレーイオン化キット「DPiMS」接続システム 写真右:超臨界流体クロマトグラフ「Nexera UC」接続システム

写真左:探針エレクトロスプレーイオン化キット「DPiMS」接続システム
写真右:超臨界流体クロマトグラフ「Nexera UC」接続システム

価格 「OAD RADICAL SOURCEⅠ」 1500万円 (税別)
「OAD-TOFシステム」 7500万円~(税別、別途PCが必要)
目標販売台数 発売後1年間で国内外合わせてシステム25台(システム台数として)

詳しい製品説明については

田中耕一記念質量分析研究所創設20周年特設サイト